お一人様が巡る旅の記録

単独行動するブログ主の備忘録 - ホテル・飛行機・観劇・その他 -

【デルタ アメックス】日本から中国・アジア方面ならJGCより使える

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ

 

デルタ航空とアメリカンエキスプレス社の提携で発行される、

f:id:onemanwanderer:20161116174502j:plain

 デルタ・スカイマイル・アメリカンエキスプレス ゴールドカード

 

JGCとSFCを取ってしまったあとはあまり活用することがないよね?

解約しようかな?

なんて思っていませんか?

 

 

 

デルタアメックスカードとは

 

一番上に書いたようにアメリカのデルタ航空とアメリカンエキスプレス社が提携したカードです。

デルタアメックスカードには普通カードとゴールドカードがあり、大ざっぱに以下のような違いがあります。

 

  

   普通カード  ゴールドカード
 年会費  12000円+税  26000円+税
 ショッピング 国内  100円で1マイル  100円で1マイル
 ショッピング 海外  100円で1マイル  100円で1.25マイル
 デルタ航空へ支払い  100円で2マイル  100円で3マイル
 入会ボーナス  5000マイル  8000マイル
 継続ボーナス  2000マイル  3000マイル
 カードラウンジ  本人のみ  同伴者可
 付帯旅行傷害保険  5000万円  1億円
 メダリオン資格  シルバー  ゴールド

 

ショッピングでのマイル加算の還元率など、些事に過ぎません。

重要なのはこのカードを持つだけで得られる「メダリオン資格」なのですから。

 

 

 

紫組を目指すのは

そもそも、なぜSFCやJGCのカードを持つ必要、持つために用もなく一年間、飛行機に乗って実績を積む必要があるのでしょうか?

はい。

ひとえに、航空会社の上級会員(お得意様)として認められ、サービスの利益を享受したいがためですね。

SFCを保有した人は、次にJGCを狙いたくなります。JGCが先であれば次はSFCですね。

恐らく、補完するためです。私もそうですから。

たしかに、日本国内であれば充分ですね。

LCCは使いたければ使えばよい、程度のスタンスです。

 

 

必要なのはゴールドカード

私は以前、こんな記事を書きました。

www.solo-wanderlust.com

このデルタアメックスゴールドを持つことで得られるメリットですね。

普通カードではJGC/SFCレベルの待遇を受けられません。

その2つとほぼ同等の待遇を受けられるのは、ゴールドカードだけなのです。

 

 

記事では一例としてエールフランスでパリに行く設定でした。

でも?

SFC持ちがANAでパリに行くならゴールドメダリオンは不要ですね?

JGC持ちがBAでロンドン経由パリでも不要かもしれません。

フランスの魅力的な街がパリだけならば…。

 

 

 

 

紫なら大丈夫か

 

では、SFC(青組)とJGC(赤組)さえ保有してしまえば大丈夫でしょうか?

デルタアメックスなんて不要?

ワンワールドとスターアライアンスで、世界中どこに行っても同等の待遇を受けられますよね?

大都市旅行しかしないならそれでいいかもしれませんが・・・。 

 

 

 

 

航空会社には得意な地域がある

日本国内では外国の多くの航空会社が闊歩できないように、その国の中ではその国の航空会社を利用しなければならない(利便性が高い)場合が多いのです。

LCCは安いですが基本的には、コストを下げるために大量輸送が見込めるハブ空港からハブ空港までしか運行していません。

乗り継ぎ空港に着いたら荷物をピックアップして、また荷物を預けなおす?

ハブ空港から伸びるスポーク空港へ連続性を以って移動するにはLCCではないフルサービスキャリアがどうしても必要です。 

 

 

ロシアを持たないスターアライアンス

オセアニアを持たないスカイチーム

航空連合は全世界を網羅したいのですが、やはりパートナーは重要です。

どんなのでもいい、というわけにはいきません。

安全で、その国を代表するに近いものが好いのです。

搭乗客が納得するサービス内容や互助会費(?)を負担できる体力も必要です。

そういう意味で、スターアライアンスとスカイチームはそれぞれ、重要な地域にパートナーを見つけられていません。

 

そういうこともあるんだなぁと思いながら、次に進みます。 

 

 

日本語が通じるパラオ

南国の楽園パラオ

日本のほぼ真南にあり、日本との時差はゼロ。

アンガウル州の公用語の一つは「日本語」だそうです。

イルカと泳ぐ体験もできるそうですよ?

日本からパラオへはJGC,SFCが使える定期便はありません。

(JALはチャーター便で定期便ではありません)

実は台湾とパラオは友人で、国交もあります。

当然、台湾から中華航空(チャイナエア)で定期便が飛んでいます。

成田空港からはデルタ航空が。

そう、両方ともスカイチームです。

 

 

 

激戦区 アジア

さてここは激戦区です。

香港を拠点とするキャセイパシフィック

クアラルンプールが拠点のマレーシア航空

バンコク拠点のタイ国際航空

シンガポール拠点のシンガポール航空

台北拠点のエバー航空とチャイナエアライン

ジャカルタ拠点のガルーダインドネシア

ワンワールド/スターアライアンス/スカイチーム、LCCが競争し網の目のように乗り入れています。

 

 

 

 

中国で役に立つカード

対してアジアで唯一、ワンワールド最弱の地域があります。

それが中国!

 

中国の航空会社で世界的アライアンスに加盟しているのは

・中国国際航空(スターアライアンス)

・中国南方航空(スカイチーム)

・中国東方航空(スカイチーム)

ワンワールドはありません。

 

SFCがあれば十分か?

 

中国のナショナルフラッグキャリアは中国国際航空(エアチャイナ)

SFC修行にも多用されるスターアライアンス陣営ですが、

広い中国国内、特に地方空港はエアチャイナが乗り入れていないところも多いのです。

また空港ごとに幅を利かせている会社も違います。

北京・成都 エアチャイナ

上海 東方航空

北京・広州・ウルムチ・重慶 南方航空

 

幅は利かせていても、大きな空港なら他の航空会社も乗り入れているから困らないでしょう。

では地方空港では?

中国の現代政治は嫌いでも、三国志や岳飛伝、水滸伝など歴史や物語は好きだという人は多いはず。

地方にも行ってみたいでしょ?

 

 

 

地方空港を見てみると

(Wikipediaからの引用です)

地域の大きな空港に国際線を設定している例として

 

瀋陽:中国東北3省中核都市。日本領事館もある。

 中国南方航空:あり。日本へは4都市

 中国国際航空:国際線なし

 日本勢:ANA成田便のみ

 

昆明:雲南省省都 恐竜の定説を覆す化石が多く発掘される省

 中国東方航空:あり。日本へは関西・中部

 中国国際航空:国際線はミャンマー線のみ

 日本勢:なし

 

西安:秦の始皇帝陵をはじめとする歴史の宝庫

 中国東方航空:あり。日本へは3都市

 中国国際航空:国際線なし

 日本勢:なし

 

太原:隋唐演義や南宋北宋など数々の歴史の舞台

 中国東方航空:あり。日本へは中部

 中国国際航空:国際線なし

 日本勢:なし

 

 

これらはその地域の中核空港です。

中国は広いですから、これらの中核空港の周辺にある都市にはさらに空港があります。

そういった地方空港では、JGCSFCでのメリットはほとんど受けられません。

 

 

いかがでしょうか?

一例ではありますが、東航・南航がいかに中国国内を網羅しているかわかると思います。

もちろん、中国国内線ではエアチャイナも乗り入れていますが、就航の数で利便性は推して知るべし、ですね。

いゃマジ、私の友人のとこ、南方航空と東方航空が日替わりで飛んで来るだけの片田舎の空港なんです。

 

 

 

 

そしてアジアへ

もう一度激戦区アジアを見てみます!

それぞれの首都や主要な空港には当然、南方航空や東方航空も乗り入れています。

東方航空や南方航空、中華航空、ガルーダインドネシアで、このデルタスカイマイルアメリカンエキスプレスゴールドカードの恩恵が受けられます。

台北・上海・広州・ジャカルタのたいていは1回乗り継ぎで、アジアのほとんどと世界の主要都市に行けてしまうのですよ。

 

 

「上級会員待遇を受けたいけど、JGC修行やSFC修行をするには年間だいたい50万円以上の支出がなぁ」と思っている方も、

「JGCは持ったけど、次に行くのは中国の世界遺産巡りなんだよなぁ」という方も。

 デルタ・スカイマイル・アメリカンエキスプレス ゴールドカード

意外と使えますよ?(笑)

 

 

 

アメリカンエキスプレスは特色のあるカードを出しており、

こちらのカードもものすごく使えます。

www.solo-wanderlust.com