お一人様が巡る旅の記録

単独行動するブログ主の備忘録 - ホテル・飛行機・観劇・その他 -

【雑談】なぜ台湾と戦わないのか

高校野球(棒球)の話です(笑)

※ポイントでもホテルでもマイルの話でもないので[雑談]です。

※閑話休題を誤用した件

 使い方を間違って覚えていたようで、この場合は[閑話休題]ではなくそのまま[雑談]ですね。

 失礼しました。

 

 

夏の甲子園の季節になりました。

夏の甲子園  春の選抜。

主催する新聞社にとっては大きな収益源でしょうね。

収益がある限りはいろいろな活動をしますよね。

 

 

 

高校野球、あまり観ないんですよね。

高校野球に限らず今は野球自体にそこまで思い入れがない上に、

そういったメディアの収益になってるかと思うと・・・。

母校が出れば別ですが、どこが優勝しても気になりません。

 

野球好きの人たちにとってはそうではないでしょう。

母校を含む出身地の戦況などはとても気になるでしょうね。

でも、どこが勝ち進み、優勝するにしても日本の話で収まっています。

80年前はもっと国際的だったというのに。

 

 

 

KANO。嘉義農林。

甲子園準優勝した台湾の高校生。(当時は中学という言い方かな?)

他にも、京城(ソウル)、大連などからも地区優勝したチームが参加していたらしいですよ?

差別的ではない、日本の統治が平等だった証拠ですね。

 

いま全く同じことはできないでしょうけど、

新しくそのための大会を立ち上げて、日本大会優勝と準優勝したチームを

台湾大会の1・2位のチームと対戦させてあげてもいいんじゃないでしょうかね。

1位vs1位を日本で、2位vs2位を台湾で、翌年は会場を逆にして、というふうに。

そうそればもっとお互いに理解が進むんじゃないでしょうか。

 

 

 

個別に、日本からも台湾に親善試合などで交流している学校もあるようですが、全体ではやってないようです。

フェイクニュースばかりを流す新聞やメディアは見飽きましたので、まともなところが主催してくれませんかね。

そうすれば子供のころプロ野球選手に憧れた気持ちもよみがえって高校野球も楽しく観ることができると思います。