お一人様が巡る旅の記録

単独行動するブログ主の備忘録 - ホテル・飛行機・観劇・その他 -

【中国】瀋陽は実はとってもヤバい

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ

 

のん気に瀋陽市に遊びに行きましたが、

実は、瀋陽市というのはとてもヤバいのです。

 

ここがヤバい
 

北部戦区司令部

北部戦区というのは中国人民解放軍を東/西/南/北/中央の5つに分けたうち、黒竜江省/遼寧省/吉林省/山東省/内モンゴル自治区という広大な地域を管轄する部門で、その司令部が瀋陽にあります。

担当する総面積は2132810平方キロメートル

日本の国土の約5.6倍に当たります。

 

 

北部戦区が対峙するのはロシア・日本・韓国・アメリカのため、中国軍の最新鋭装備が優先的に配備されます。

中国初の航空母艦・遼寧も北部戦区の大連を母港としています。

 

f:id:onemanwanderer:20171024125203j:plain

※GoogleMapから

 

グーグルマップを見ると判りますが、瀋陽市の直近には3つの空港があります。

空港には戦闘機が駐機しているのも見えます。

最新装備が配備された、日本・アメリカ・ロシアに対峙する実働部隊を指揮する軍事都市。

それが瀋陽です。

 

韓国にTHAADが配備されてしまうと、この北部戦区の動きが丸見えになってしまうらしいんです。

すでに配備されてしまいましたが、中国が韓国を毛嫌いする原因の一つにもなっているんですね。 

 

 

 

派閥争い

先日、19大(第19回全国人民代表者会議)が行われました。

各地域がこぞって現体制(特に個人)に恭順を示す姿勢を鮮明にしています。

が、遼寧省はさらに必死だと思います。

というのも遼寧省に関係のある方が最近、失脚しました。

民間にはとても人気がある方だったのですが、派閥争いに負けたのだろうという見方が多いようです。

これまで人気があっただけに、その人と縁が深かったと思われては今後の発展に影響してきます。

この旅行中、あちこちで目にしましたが

「自分たちは党を支持します」というCMがこれでもか、と言わんばかりに流れていました。

街中も紅旗一色です。

f:id:onemanwanderer:20171024133236j:plain

中国で生きていくのって肩が凝りそうです。

普通の人が街中で、居酒屋で、首相を批判できる日本って、実はものすごく素晴らしい国なんだということが判ります。

 

 

 

人口が多い

瀋陽市の人口は約800万人

中心部だけでも約400万人

「瀋陽市」だけで神奈川県や大阪府とほぼ同じです。

遼寧省全体になると4千万人を超えます。

f:id:onemanwanderer:20171025220835j:plain

(ガード下の靴磨き、じゃなくガード下の自転車修理屋)

 

人口が多い。それは国力ということになります。

個々の収入は少なくても人口がケタ違いなので経済的にも脅威なんですね。 

 

でも逆に、これだけの人数が、

日本にやってきて買い物して帰ってもらえたら?

日本を好きになってもらえたら?

歴史の真実を知ってもらえたら?

 

日本にとってものすごい味方になると思うんですけどねぇ。

 

 

 

 

 

美人が多い

ここは、写真も出せないし個人の意見(感想)になるんですが、

中国東北部、特に遼寧省って美人が多いと思うんですよ。

ん~、日本人好みの美人といったほうがいいかもしれません。

中国って国土が広いですから多民族国家なんですが、少数民族は追いやられてほとんどが漢民族です。

それでも地域ごとに民族の多寡があって、比率が違ってきます。

全土で平均すると漢民族が90%を超える中で、

遼寧省で漢民族の比率は80%くらい。次に多いのが満州族です。

この人口比率のバランスが絶妙に好いんじゃないでしょうか。

統計を取ってるわけではないのですが、見聞きする中で国際結婚で日本に来られる中国人女性は東北3省からが多いと感じます。

それだけ、結婚してもいいなぁと思える女性が多いということかと思います。

 

 

f:id:onemanwanderer:20171025220416j:plain

そして周辺の農村部や都市から、より人口の多い瀋陽・大連などに女性たちが出てきます。

就職難で、というのもありますが都会に出てきてデビューしちゃうわけです。

女性が生き生きとしている感じがするんですよ。

 

 

f:id:onemanwanderer:20171025215338j:plain

(※在瀋陽日本領事館:実は写真撮影ダメだったらしく、自粛w)

 

そんな街で、女の子が多いお店に飲みに行くなんてヤバすぎます!

各国の大使館領事館で「ハニートラップに気をつけろ」と言われるのも解ります。

誰か私にハニートラップ仕掛けてくれませんかね…。

 

 

 

飯が美味い

遼寧と言えば東北。東北と言えば寒い。寒いなら鍋!

ということで火鍋!

f:id:onemanwanderer:20171025220554j:plain

回転寿司のように具材が回ってる火鍋屋もありましたが、

 

f:id:onemanwanderer:20171025220452j:plain

現地駐在の先輩に海底撈火鍋に連れてきてもらいました!

私は行ったことがありませんけど、東京にもあるみたいですね。

主な都市に店舗がある、中国で人気No.1のお店です。

「ほんとに中国の店なのか?」と思えるサービスがすごいのです。

油や汁が跳ねないようにエプロンの用意や、バッグ等へのカバー、スマホへのビニールカバーなど気配りされています。

 

 

 

f:id:onemanwanderer:20171025221424j:plain

4枚仕切り入りの鍋。

水炊き、トマトベース、シイタケ出汁、激辛の味付けです。

 

 

f:id:onemanwanderer:20171025221441j:plain

注文はタブレットで。

1人前、半人前なども注文でき、写真付なので悩むことも少ないです。

 

f:id:onemanwanderer:20171025221805j:plain

牛肉スライス、羊肉スライス。しゃぶしゃぶ風です。

 

f:id:onemanwanderer:20171025221842j:plain

エビ肉のすり身や湯葉など。

 

f:id:onemanwanderer:20171025221935j:plain

豊富な食材が並びます。

 

食材の豊富さだけでなく、このチェーン店の最大の売りは「サービス」です。

f:id:onemanwanderer:20171025222030j:plain

ワゴンを押して客席を回り、じゃんけんパフォーマンスで一品無料提供や

 

 

f:id:onemanwanderer:20171025222056j:plain

 

f:id:onemanwanderer:20171025222109j:plain

注文を受けて、客の目の前で麺生地を延ばすパフォーマンス。

 

楽しく、美味しい時間を過ごしました。

 

ネットがちょっとアレなので情報が入ってこないのは問題だけれども、

他の都市に比べ清潔で、インフラも整備され、飯も美味い。

入り浸れそうでヤバいですよね。

 

 

 

 

日本にいるとなかなか見えづらいところですが、侮っているとすぐ後ろに迫ってくるくらい世界は、そして中国は進化しています。

危機感を持たないといけません。

 

知り合い(会社の先輩)のところに押しかけて、飯をタカってきただけのブログで偉そうに言えませんけども( ´∀` )