お一人様が巡る旅の記録

単独行動するブログ主の備忘録 - ホテル・飛行機・観劇・その他 -

【宝塚歌劇】2018年10月 星組台湾公演は「東離劍遊記」

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ

 

東離劍遊記

昨日(2017/12/26)、ニュースリリースされた2018年公演ですが

サンダーボルトファンタジー/東離劍遊記 になったようです。

 

f:id:onemanwanderer:20171227113132p:plain

(宝塚歌劇団HPより) 

 

人形劇だったのですが、VEも多用してあって見ごたえがありました。

 

それにしても、凜雪鴉(りん せつあ)が主人公だったんですね。

知識見識にすぐれ他者の感情を読み、実は体術もずば抜けていた…。

確かにスペックは高くても、物事を斜めに見る感じが主人公じゃないと思っていたのですがw

殤不患(しょう ふかん)が主人公だと思ってましたよ。

ただ、凛雪烏が主人公の場合、娘役の相手が要らなくなるんですが、どうなるんでしょう?

ヒロインは出てきますが、凛雪烏は孤高なんですよね・・・。

 

 

お人形

台北桃園空港に展示してあった劇用の人形ですが、こんな感じです。

台湾では「布袋劇」というようです。

縁起がいいですね。 (縁起と演義をかけているのか?w)

f:id:onemanwanderer:20171227114541j:plain

f:id:onemanwanderer:20171227114551j:plain

f:id:onemanwanderer:20171227114614j:plain

 東離劍遊記のものではありませんが、けっこう大きく、衣装も豪華です。

この衣装(または近い感じの衣装)を着て動き回るのは大変そうですが、見栄えはしますね。

 

台湾公演に先駆けて日本でも上演されますから観る機会はあります。

 

 

 

宿泊先はどこにしよう?

移動人数を考えるとある程度の規模があるホテルになると思われます。

台北101のある信義区あたりに多いのですが、警備体制を考えるとどうでしょうね?

安全なのはこっちだと思いますが。

 

www.solo-wanderlust.com

規模、格式(建物は年季が入っているw)、周囲の環境。

すべて最上級。台湾政府公認5つ星。

まぁ、公演会場に近いので自分ユースでもいいと思います。