お一人様が巡る旅の記録

単独行動するブログ主の備忘録 - ホテル・飛行機・観劇・その他 -

ウズベキスタンが30日以内滞在なら査証(ビザ)不要に

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ

 

ウズベキスタンが2月10日から、30日以内であれば査証不要で滞在できることになりました。

 

 

この処置は大統領令として、ソースはこちらになります。

 

f:id:onemanwanderer:20180223093546j:plain

f:id:onemanwanderer:20180223094913j:plain

 

 

 

 

免除されたのは7か国のみ

これまでは招聘状が必要でした。

この招聘状って、現地に有力者の知り合いとか会社の伝手などがないともらえないので現実的に難しいですね。

 

 

1.査証の免除

 日本を含む7か国 と定期航空便の乗務員

 

2.査証発行手続きの簡素化

 39か国

 

 

 

 

ウズベキスタンってドコ?

肝心のウズベキスタンって何処よ?って話ですが、

私を含め、詳しい方って少ないんじゃないでしょうかね?

 

中央アジア、カスピ海の右

周囲には カザフスタン・タジキスタン・アフガニスタン・トルクメニスタン・・・

もう、この時点でワケワカメです。

 

ざっくり、「あの辺!」

これで決まりです。 ←すげぇ失礼w

 

f:id:onemanwanderer:20180223190322j:plain

 

 

大手の定期便はここ

ウズベキスタンの空の玄関はタシュケント(タシケント)空港(TAS)

ウズベキスタン航空が成田~タシュケントの直行便を運航していますが、どこの航空連合にも属していないので、マイル加算するところがありません。

また、専用ラウンジの設営もないようですので他の大手航空会社を利用するほうがいいかもしれません。

 

乗り入れている航空会社で、日本でマイレージを貯められるところは

・スターアライアンス

 トルコ航空、アシアナ航空

 

・ワンワールド

 S7、マレーシア航空

 

・スカイチーム

 アエロフロート、大韓航空、チェコ航空、中国南方航空

 

そこそこありますね。

ただ、こうやってみると、本当に日本の2大航空会社って内向きというか、アライアンス頼りな営業姿勢だなぁと残念な気持ちにもなります。

 

さて、それぞれの航空連合でステイタスを持っていない人でも、

↓↓このカードがあれば、スカイチームの利用時にはエコノミーチケットでもラウンジの利用や手荷物の制限緩和など優遇を受けられます。

 

観光地ってどこだろう

Wikiによりますと、

ウズベキスタンの世界遺産 - Wikipedia

・ヒヴァのイチャン・カラ

・プハラ歴史地区

・シャフリサプス歴史地区

・サマルカンド

 

中央アジアでイスラム教が普及していますので、丸みを帯びた古いモスクが多く残っているようです。内部の装飾が期待できますね。

他に何があるかわかりませんが、街も少ない、灯りも少ない、であれば

「星空がきれい」じゃないかと思います。

「月がきれいですね」と言ってみるのもいいかもしれません。

イスラムの人にとっては、月は大事ですからね。

とりあえず、そこに行けば観光です。前向きに考えましょう。

 

でも、タシケントから一番近いサマルカンドでも、300km近く離れていて、

「フラっと寄ってみる」というわけにはいきません。

査証免除をあてにしたバスツアーなんかがこれから旅行会社で組まれるんじゃないでしょうかね。

それを待ったほうが効率的に見て回れそうです。

 

 

訪れる可能性はあるのかなぁ 

査証は不要になった。

それは良いんですが、実際の安全性はどうなんですかね?

大統領が変わったばかりなので何とも言い難いのですが、ずっと独裁政治だったんですよね。

私が持っているイメージですが、

「独裁国家は外国旅行者には安全」ではないかと思っています。

独裁国家は、政府に民衆の怒りが向くのが怖いので、徹底的(行き過ぎたくらい)に安全を強制します。

その副産物として旅行者も安全になります。

ご近所の国を見れば判りますよね?

現地の人にとってはうれしくないでしょうけどね。

ただ、国境すべてが陸路で、武器やテロリストの流入を完全には防げませんから、慎重な行動が必要だと思います。

 

 

でも、査証なしで訪問できるようにした、というのは相当な(ものすごい)進歩なので機会を見つけて訪問したい候補になりましたね。

クビになったら時間が出来たら話のタネに是非行ってみたいものです。