お一人様が巡る旅の記録

単独行動するブログ主の備忘録 - ホテル・飛行機・観劇・その他 -

【雑談】今回、LINEを騙るメールが来た目的は何だろうか

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ

 

私に、このようなメールが届きました。

 

f:id:onemanwanderer:20180821095959j:plain

そうか!

ありがたい。

すぐにアクセスして、2段階パスワードを設定しなおさなければ!

 

 

 

LINEやってないけど!

  

 

 

 

 

LINE友いないしぃ

もう消してしまいましたが、1通目のも来ました。

私だけに来たんじゃないんだ。

ボッチじゃなくてよかった!(笑)

www.mmmmflyhateblo.net

 

 

正常な通知メールであれば、まずメールを離れ、

あらためて公式HPからログインしてみましょう。

添付されたアドレスをクリックするのは避けたほうが良いです。

 

が、公式HPを見ても、不審なメールに注意、などのアナウンスはありません。

韓国政府系なのに日本製アプリと言ったり、日本の会社と言いつつ公式HPのトップレベルドメインはjpでもcomやnetでもなく、モンテネグロだったりと、どこを信じればいいのでしょう。

ホントはこの会社自体が送っているんじゃないのか?と疑っても不思議ではない気がします。 

 

 

 

www.solo-wanderlust.com

私は、LINEそのものが危険だと考えているのですが、今回のメールをLINEのせいにするつもりはありません。

 

今回は

・なぜ私にこのメールが来たのか

・アカウントを盗んで、何を目的としているのか

を考えてみたいと思います。

 

ちなみに、

サンプル数はです。 

 

 

 

 

 

なぜ私にメールが来たのか

まず、なぜ私にこのメールが「届いた」のかを考えてみます。

考えられる理由

・嫌われているから

・ボッチだから

 

自覚はありますので傷口をグリグリしないでください。

 

届いた手段のほうで考えてみます。

そもそも、届いたメールアドレスはメインでは使っていません。

インターネット上で、第三者がこのメールアドレスを知る方法があるでしょうか?

 

あります。

実はこのメアド、ブログ関係用なのです。

そして公開されています。

どこに?

NSレコードと聞けば、ピンと来る方もいらっしゃるでしょう。

 

話は逸れますが、キングレコードと聞いてピンと来るのが

「演歌」「ピンと来ない」「アニソン」のどれかで、世代が判りそうなのは気のせいでしょうか。

 

話が戻って、 

ブログの独自ドメインの保有者を調べられたのではないでしょうか。

推測ではありますが、メアドがばれた経路として可能性はかなり高いと思っています。

 

私に届いたメールを見たのですが、

宛先が 1通で大量にバラまけるBCCではなく、1通1人のTOでした。

送信フォームはあるとしても、宛先を探してくるのは手作業だったと考えられます。

ある程度の選別意図をもって送ってきたと考えられます。

 

 

 

アドレスブックが目的なのか

では、メアドが判ったとして「送ってくる理由」は何でしょうか?

交友関係目当て?

ボッチが友達をたくさん作りたい?

あれ? 私が犯人っぽい?

 

と、友達なんてぜんぜん欲しくないんだからねっ!?

 

 

「なぁ、俺ら友達だよな?」(何か依頼事がある)

「卒業しても、ずっと友達だよ!」

「私たち、いいお友達でいたいの」

orz

友達という言葉の定義に振り回されるのは疲れました。

 

 

働きはじめた頃に読んだ書籍に書いてあった、

己こそ、己こそ、己をおきて誰に頼るぞ。

 よく整えし己こそ、まことに得難き寄るべなり」 

という言葉が好きでした。

三洋電機設立当初の役員の自伝でしたが、何度も読み返した本でした。

仏教の法句教の一節だとか、少林寺拳法の教えだとかあるようですが、出典は気にしていません。

自分に知識、体力、判断力があれば他人に依存しなくて済むと解釈しています。

 

友達を否定しませんが、あいまいな定義の友達よりもまず、自分がしっかりしていればいいのだという戒めですね。

 

 

ただ、今回のメールでは

アドレス帳や通信内容は副次的な贓物ではあっても、主目的とは考えにくいです。

そう思う理由は、メールが来たタイミングです。

 

 

 

 

LINEポイント?

 

なぜこの時期にメールが来たのでしょう?

一つ思い当たるのが、

・大量にLINEポイントが貯まるイベント

がありました。

 

そう、お茶です。

多くのお茶を購入し、コツコツとコードを入力し終わった頃合いではないでしょうか。

そのタイミングを見計らってアカウントを乗っ取り、他人のアカウントへ譲渡する。

ん~、譲渡出来るんですかね? 知らないんですけど。

 

コンビニ店員の訝しげな視線に耐えながら特定のお茶だけを大量にレジに運び、

「こ、これでお願いします」と勢い込んで差し出したカード で決済したレシートを見ながらニヤニヤし、

体力の限界に挑戦するような量を自宅まで持ち帰り、

途上で袋が破けたために散らばったお茶を途方に暮れながらかき集め、

眠い目をこすりながら夜なべをしてコードを入力。

 

涙なしでは語れないような想いで獲得したポイント。

そのポイントが狙われたのではないか?

  

ポイント譲渡が出来るのであれば、悪意ある人が盗用のメールを送ったと考えられますが、

誰にメールを送るかの判断材料はこれではないかと思いました。

 

 

 

 

 

 

狙われたのはオカマだった?

サンプル数ですが、こう推測しました。

・お小遣いブログ上位からチェック

・独自ドメインをピックアップ

・メールを送りつけ、LINEポイントを窃取

 

想定するターゲットは、

マイルに興味をもち、大量のポイントを保有している人

 

そう、昨今、陸(おか)マイラーと呼ばれる人々。

通称、オカマ!

狙われるオカマ!

罠に絡められるオカマ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まさかのBL、

薔薇展開!?

 

このオチを言いたいために必死に考えたネタですからね?

まぁ、詐欺メールには気をつけましょう。