お一人様が巡る旅の記録

単独行動するブログ主の備忘録 - ホテル・飛行機・観劇・その他 -

【株式投資の話】勇者とは・・・? お小遣いの命運

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ

 

最近、更新が出来ておりません。

記事のうち、半分くらいは笑ってもらえるような話にしたいと思っているのですが、なかなかネタが浮かばずうまくいきませんね。

 

さて、年末年始に向けてお小遣いを増やさなければならない時期ですが、不調でした。

特に今週はさんざんな一週間でした。

※投資や貯蓄にはいろいろな考え方があります。元本保証されていないものもあります。

 

 

 

 

10月からは絶不調

 図(チャートと言います)で判るように、9月に急上昇したかと思えば、10月からは日本の代表的な株式が転落の連続…。

f:id:onemanwanderer:20181221172038j:plain

 

 

 新しい会社が多いマザーズ市場に至っては、今年の年始あたりから見て約半額。

f:id:onemanwanderer:20181221172050j:plain

 

 

まぁ、株価が上下する、指数が上下する、経済の活性化がなんたらかんたら、という話はしませんよ?

アマチュアがお小遣いを投資しているだけですからね。

 

 

お小遣いを増やす方法

 そう、アマチュアが、素人が、何とかしてお小遣いを増やそうと四苦八苦しているのです。

倹約節約も大事です!

が、倹約や節約だけでは収入は増えないのですよ。

倹約で有名な上杉鷹山も、実質は新規事業や多角経営で藩の財政を立て直したではありませんか。

 

本業+α

現在の日本で副業は一般的ではありません。

サラリーマンとして身を捧げている会社(組織や団体)の多くが認めていないと思いますので難しい面があります。

書店にいけば副業を紹介した本も多いと思いますので興味のある方はそちらを参考にされるとよいかと思います。

 

私が自分に出来そうだなと思うのは2つ。

 

一つには、ブログ

商品などを紹介するアフィリエイトもいいですが、結果がでたことがありません。

いろんなポイントサイトを理解し、紹介して自分のメリットとして活かす、という方法もいいでしょう。

でもね、ポイントサイトやその時々の商品の組み合わせ、情報の鮮度が多様すぎて、追いかけるのがめちゃくちゃ大変なのですよ。

その点、パンダはすごい!(笑)

 

 

一つが投資。

そこで考えるのが、お小遣い程度の金額から始められて、場合によっては大きなリターンが期待できる株式投資です。

冒頭でも書きましたが、株式投資は払ったお金が全額返ってくるという保証はありません。会社が倒産したらゼロにもなります。それを踏まえてお読みください。

 

 

 

 

 

 

弱小投資家の味方 信用取引

 証券会社経由で株式を買います。

が、お小遣い程度の金額で購入できる会社や数量はたかが知れています。

そして儲けも購入した株式の数に比例して増えていくのです。

1単位(単元)で1万円儲かるものならば、2単元買えば2万円、3単元買えば3万円儲かるじゃないか!

 

要はその元手がない。

少ないお小遣いでたくさん買いたい。

そんな私のような弱小投資家の夢を叶えてくれる制度があったりします。

それが「信用取引」

いくつかの条件が付きますが、保証金として預けたお金の3倍くらいの範囲で株式の売買取引が出来ます。

 

おぉ!なんてすばらしいのでしょう。

おかげで気になる会社の株式をいくつか購入する事ができました。

もちろん信用取引ではない、現物株式もいくつか買っています。

現物株式は主に株主優待が目的ですが、すぐに売る気はないのでそれも保証金の一部になっています。

 

 

  

 

 

信用取引のワナ

良いことのように思える信用取引にも当然、注意するべき点はあります。

保証金という担保を預けて実資金以上の株式を購入するのですから、それは「借金」ということになります。

借金をして購入したモノ=株式の価値(株価)が下がれば、担保価値も下がります。

目減りした担保価値を穴埋めする方法には、

・損を覚悟で信用取引を解消する(反対売買)

・追加で担保保証金を預ける(追い証)

などがあります。

追い証を工面するために反対売買をした個人投資家が多かった。

これが週末に株価が急落した要因の一つでもあります。

 

 

消して他人事ではなく、 私も購入した株式の価値が下がったのでいろいろと決断を迫られることになりました。

 

 

 

 

株価が下がると悪いことだけのように受け取られますが反面、短期的に見れば良い面もあります。

例えば、銀行の株式。

半期ごとに配当金が支払われ、一般的には次回の権利獲得は3月末。

半期分の配当金を利率にすれば1.5%前後ですが、現時点で購入すれば3ヶ月間でその金利。

年間利率に換算すれば5%前後にも相当します。

さらに株価が下がることも否定できませんが、単純に銀行に預けるよりは利息が得られるとも考えることができます。

 

 

 

 

 

 

勇者になろう!

 勇者とは、逆境にありながら、それを恐れることなく、ためらうこともなく、目的に向かって突き進む者のことを言うのではなかろうか。

 

市場が落ち込んでいる。

しかし、これは今回だけのことだろうか?

過去に落ち込んだことは一度もなかったのだろうか?

リーマンショックだってあったじゃないか。

みんなが売りに出している。

視点を変えれば、「安く買える」ということではないのか。

 

 

 

 

 

 

勇者になりたかった。 

 

追い証を突っ込んだ。

恐れはなかった。

ためらいもなかった。

ただ、勇者と違うのは、

 

何の考えも無かった...。

そこにあるのはただ、良心と暴挙のせめぎあいだけだった。

 

良心「あんた!それはマレーシア航空の初売りセール用のお金!」

暴挙「ええねん!」

良心「あぁ!それはKULタッチ発券用の!」

暴挙「ええんや! 倍にして返したるさかい!」

良心「カタール航空ワンワールド脱退前発券用のまで!」

暴挙「今だけや! 次は絶対にうまくいくねん!」

 

子供の給食費等を博打に突っ込む親となんら変わりはなかった・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サンタさんへ・・・

クリスマスプレゼントは世の中の平和(主に株価)がいいです。

テンバガーとかぜいたくは言いません。

ホームラン(4bagger)やツーベースヒット(2bagger)でなくてもいいです。

 

良い子にしてます。

 

 

だから、

だから、

 

 

 

 

 

 

株価、もとに戻してください(涙)

おねがいじまず~(鼻水)

もう後がないんでず~(滂沱)

 

 

 

※雑談です。 あくまでも、事実を絡めたネタでございます。