お一人様が巡る旅の記録

単独行動するブログ主の備忘録 - ホテル・飛行機・観劇・その他 -

【雑談】客室乗務員のマスク着用の是非

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ

 

 飛行機に乗るたびに気になっているのですが、

冬場に飛行機に乗ると、咳(せき)をしている方をけっこうお見かけします。

まぁ、他の季節よりは多いな、程度ですが。

 

エッヘン!とか、ゴホッ!という咳払いではなく、

ゴホゴホ、コンコン、という咳ですね。

 

 マスクを着けておられる方は自覚がある、または本人は健康だけども予防的に着用されているのでしょう。

困るのは、ゴホゴホゲホゲホと思いっきり咳をしているのにマスクも何もしていない方ですね。

 

 私、マスクは個別包装されたものを購入しておりまして、自分で使用する分だけでなく常に余分に持ち歩いております。

というのもたまに、真後ろの席でマスクも着けずにゴホゴホされる方がいらっしゃいまして。

目的地までその状態ではいくら自分がマスクを着けているとしても怖いことに変わりはありませんので、シートの隙間から包装されたマスクを1枚、スッと差し出します。

えぇ、自腹で購入した貴重なマスクを見ず知らずの方へ無償で提供しているわけです。

そうすると、たいていの方は静かにしてくださいます。

差し出した瞬間の、あの沈黙がなんとも言えませんけれども。

 

 

 

 

 

 

 まぁそれはいいのですが、大変なのは客室乗務員さんですよね。

どれだけ客がゴホゴホゲホゲホしていても笑顔で対応しないといけない。

この客室乗務員さんたち、もしかしたら三途の川を渡って涅槃で悟りでもひらいてきたんじゃないかと思える寛容さ、もしくは一度も風邪をひいたことがないほどの健康優良児や超人なのかとも考えたのですが、そうでもなさそうです。

 

 今回の新型コロナウイルスを通して見えるのは、航空会社の社員への扱いでしょうか?

 

 

 

 

⇩1月26日夜のANA HPです。 

f:id:onemanwanderer:20200127020153j:plain

 

武漢便の欠航と払い戻しのお知らせはありますが、客室乗務員の対応は書いてありません。

※kanopitan様より、HPでアナウンスしていないだけでANAもJALと同じ対応をされているとのことでした。6行分を削除します。

 

まだワクチンないんですよね?

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

対して、JALはこういうお知らせを掲載しました。

f:id:onemanwanderer:20200127020134j:plain



 

 

客室乗務員がマスク着用!

良いじゃないですか。

(遅きに失したとはいえ)JALの対応が当然ではないかと思いますよ。

 

 

 ゴングが打ち鳴らされ、「お気を付けください! マスク着用の乗務員が搭乗します!」と機内にアナウンスが響きわたり、

テーマソングとともに『タイ○ーマスク』が登場したら場外乱闘や空中戦(飛行機だけに)も期待しますし、

あるいは、フランケンシュタインのマスクをかぶった大男にドリンクサービスとかされたら「今日はハロウィンだったかなぁ?」と思いますが、

 

客室乗務員が普通にマスクを着用するだけなら問題ないはずです。

パンデミックの危機ですから「客室乗務員がマスクを着用している、けしからん!」と言ってくる客もいないでしょう。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

美女+マスク=

機内アナウンスすればいいんですよ。

飛行機が揺れたときもやってるじゃないですか。

「本日は気流が悪いためお飲み物のサービスが充分に出来ず...」とかなんとか。

 

それと同じで、

「本日は、新型肺炎対策のため客室乗務員もマスク着用いたしました」

のようなアナウンスをすれば角も立たないでしょう。

 

 

でも、せっかく美人のCAさんがマスクを着けているんですから、

最後に客が降りるときマスクを取って、こう言って欲しいですよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

わたし きれい?

 オチが、古すぎて...        orz