お一人様が巡る旅の記録

単独行動するブログ主の備忘録 - ホテル・飛行機・観劇・その他 -

【台湾】シェラトングランド台北大飯店【SPG】

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ

 

今回、JGCプレミア修行でもあり、ホテル(SPG)修行でもあります。

ウェスティンとどっちにするか悩んだのですが、

シェラトンにしました。

一人で泊まる時点で、W台北は除外ですw

 

 

選んだ理由

利便性と周囲にあるものを考えました。

夜は騒々しくないはず。ここが騒がしかったら台湾は大変です(笑)

地下鉄善導寺駅からすぐ。台北駅まで1駅

 

 

立地が好い台北喜來登大飯店

台北の高級ホテルはオークラとリージェンシーを除き、たいていは台北市東側、特に台北101がある信義区近くにあります。

確かににぎやかで明るいのですが、落ち着きません。

シェラトン台北はどこにあるかというと、

 

f:id:onemanwanderer:20170716232311j:plain

赤丸がシェラトン、黒丸が台北駅です。

その周囲にあるものは?

日本式の言い方にすると、

正面に警察庁、左斜め前に内閣府+霞が関官庁

左隣が検察庁、左後方に国会。

通りを一つ挟んで国立台湾大学病院(日本でいう東大病院)

大学病院の南には迎賓館、その並びに外務省

その隣には総統府(大統領官邸)

散歩がてらにホテルから南に歩けば、中正記念堂。

はい。

宝塚歌劇公演会場まで徒歩圏内という便利さです。

バリッバリッ!の台湾中枢なのが判りますよね?

東京でいうと帝国ホテルやパレスホテルみたいなものです。

安心感がハンパないのです。

f:id:onemanwanderer:20170720082021j:plain

 設備の古さに対して、いいお値段するのは仕方ありません。

 

f:id:onemanwanderer:20170720081848j:plain

フロントに燦然と輝く、政府公認5つ星の盾。

 

f:id:onemanwanderer:20170720204514j:plain

ロビーは(インターナショナルな)宿泊客でにぎわっていました。

 

 

f:id:onemanwanderer:20170720204239j:plain

シェラトンのネカフェ(?)「 @Link」は1Fロビーにあります。

 

 

 

客室

f:id:onemanwanderer:20170720082411j:plain

15階のクラブフロアにアップグレードされました。

 

 

 

f:id:onemanwanderer:20170720082424j:plain

ベッドはキングサ~~イズ!

端っこしか使ってませんけどね・・・。

逆光なのに、ストロボ炊くの忘れてました・・。

 

f:id:onemanwanderer:20170720082445j:plain

ウェルカムなフルーツ。

無料の水は4本です。

 

 

f:id:onemanwanderer:20170720082858j:plain

窓からの眺め。

 

 

外をひと歩き

f:id:onemanwanderer:20170720083025j:plain

ずらっと並ぶ交通手段としての原チャリ

判るような気もします。都心で乗用車って不要な場合が多いですもんね。

 

 

f:id:onemanwanderer:20170720083044j:plain

ホテルの裏手の方にコンビニ発見。

 

 

f:id:onemanwanderer:20170720083106j:plain

国会前に並ぶテレビ中継車。

 

 

f:id:onemanwanderer:20170720083120j:plain

その国会から、パトカーと白バイに警備されて黒塗りの車列が発進。

ゆっくり真横を通ったのですがフロントも含めウィンドウは真っ黒で、中は見えませんでしたw

 

官庁街だけあって、他はあまり見るものはなかったです・・。

 

 

 

サウナ

ラウンジで飲んだ後、サウナに入るために東棟17階のフィットネスに向かいました。

大きい湯舟があるなら入りたくなるのが人情というもの。

受付で紙に[ジム][プール][サウナ]の利用するところに〇を付けます。

プールやジムは使わずサウナだけを利用しました。

ドライサウナ、ミストサウナ、水風呂(13℃)、そして湯舟が2つです。

大変気持ちようございました。

場内の写真はありませんw 

 

 

 

 

夜市 いけなかった・・

とても立地が良いシェラトングランデ台北ですが、

唯一、不満があります。

それは台湾名物の「夜市」が近くにありません。

まぁ、台湾の夜市は近所の人たちがご飯を作る手間を省く"社会分業"の一面がありますから、官公庁街でやってどうするんだ、というのもあるでしょうけど。

 

近くにないのは判っていましたから、クラブラウンジで聞いたんですね。

「士林夜市は行ったことがあるから、他にお薦めの夜市はないですか」と。

たまたま、ラウンジ受付を日本女性が担当しておられて、教えていただきました。

「一番近いのはタクシーで10分程度にある、寧夏(ニンシア)夜市

 でも寧夏は飲食が多いので

 おすすめは信義区の饒河(ラヘ?)夜市です。

 脇道が多くない通りで、一本道を歩きながら飲食や物販をいろいろ楽しめます」

ということでした。

 

位置関係は、下の地図になります。

赤丸がシェラトン

オレンジが寧夏夜市

上の青が台北で一番有名な士林夜市

右にあるのが、饒河夜市です。

 

地下鉄2回乗り換えで、帰りが少し歩いて地下鉄1本な感じですね。

行くのを楽しみにしていました。

 

f:id:onemanwanderer:20170720210619j:plain

 

が、昼間に歩き疲れていたのでサウナの後に寝てしまい、

目が覚めたら 午前3時。

Oh! My God....

またやってしまいましたよ

 

www.solo-wanderlust.com

 

台北の夜は2晩ともイベント無しで終わってしまいました・・・。

次はラウンジとか書きます・・・。